バンクイック審査

藁にもすがる感覚で申し込んだ

初めてキャッシングをすることになったのは私の不注意からでした。冠婚葬祭が重なって手元の現金が一気になくなっていて、気がつくとアルバイトの給料支払い日より前にクレジットカードの支払い期日が迫っていました。前借りができるほどアルバイト先との関係もできていなかったのでなんとか現金を自分で作って口座に入れておかなくてはならなかったのですが、手元にあるもので売れるものもなく、あてが全くない状況でした。一回くらい、支払い期日に間に合わなくてもどうってことないと自分に言い聞かせようとしましたが、やはりネットの口コミなどではあとあと必ず困ることになると訴えられていてキャッシングでクレジットカード引き落としに間に合わせる現金を用意することにしたのです。
その当初は自分がまさか借金なんかしてしまうなんて、というかなり暗い思いで考えていました。これでなんだか世の中のブラックな側面に足を踏み入れてしまったような、後戻りのできないような錯覚にとらわれていました。実際にはただキャッシングをしただけなのでいたっておかしなことはしていないはずなのに、お金に関わると人の感触って大きく変わるものなのですね。
借り入れは非常にスムーズに進み、その場は事なきを得ました。さらに次のアルバイトの給料支払い日にすぐに全額完済に回したので実質的にほとんど利息の支払いもないまま全てを終わらせることができました。あまりの簡単さ、単純さに拍子抜けさせられました。借り入れも即日でできれば、完済も指定のATMに振り込むだけで期日前に全て終わらせられたので驚いたくらいです。
これだけ簡単にできるということで心のハードルは大きく下がることになりました。キャッシングだからといって身構えると損をしているようでした。その一方でこのハードルの低さを知ってしまうと常に使い続けて最悪の事態では借金漬けになってしまうリスクもあるのだなというのが私の利用後の印象でした。